読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soyのブログ

ACTH単独欠損/続発性副腎不全

漢方医の名医

昨日テレビで漢方医が取り上げられていたらしい。うちにはテレビがないので、残念ながら見ていないけど、漢方は処方が合えばとても効果があるので、不調に悩む人たちには良い漢方医に掛かって欲しい。わたしの場合、続発性副腎不全だという診断が下るまでの間、なんとか自分で調べ事や勉強を細々とできるようになったのは、漢方や鍼灸や食事療法など効果があると感じたものを続けていたからだと思う。その中でも、漢方は特に効果があった。まともに調べものができ、色々な病院に掛かれる程度に回復できたことがわたしの命を救ったと思っているので、お世話になった漢方医にはとても感謝している。

 

わたしが今まで掛かった漢方医の名医は二人いる。元々掛かっていたところから引越しに伴い別の医院に移ったのだけど、どちらも良かった。なぜ良さそうだと思ったかは覚えていないけど、どちらも漢方を体系的に学んだ医師だった。今調べてみると、両者とも日本東洋医学会認定の漢方専門医だった。認定医だからといって必ずしも名医とは限らないけど、何のバックグラウンドのない人よりはずっと期待できると思う。

漢方専門医認定機関、日本東洋医学会 

 

どちらの医院でも、わたしは煎じ薬を飲んでいた。煎じ薬とは、一般的に売られているツムラなどのエキス剤と異なり、乾燥した生薬を自宅で鍋で煮詰めるものだ。とても面倒くさいし、結構きつい匂いがしたりすることもあるが、エキス剤より効果があるとのことだった。実際煎じ薬もエキス剤も両方飲んだことがあるが、煎じ薬の方が効果は高いと感じた。味も濃く、半分料理のような感じだ。魔女になったような気分になりながら、毎日薬を煎じていた。最近は体調も大分良くなったので、煎じ薬ではなくエキス剤を飲んでいる。本当に良く効くし、肌も綺麗になるので、漢方はとてもお勧めする。

 

人によって合う漢方は違うので、わたしへの処方がそのまま当てはまる人は少ないかもしれないけれど、参考になるかもしれないので書いておく。わたしは補中益気湯と茵蔯五苓散の合剤を飲んでいた。冬は附子、不眠のときは大棗を足してもらっていた。はじめの方は補中益気湯ではなく十全大補湯メインだったのだけれど、お腹が緩くなる副作用が出たので、補中益気湯に変更してもらった。お医者さんは様子を見ながら、少しずつ処方を変えたりしてくれていて、本当にありがたかった。薬の配合を微調整できるというのは、漢方の良いところだ。体調が良いとそれだけで生きる意味がある感じがする。ありがたい。